100度しか曲がらない膝と腰痛

image

【恩師が、施術を受けに来てくれた日】
僕はかつてモーグルと言うスキー競技に打ち込んでいた。
初めたシーズンからいきなりモーグルスクールのインストラクターとして採用されたんだけど、あの頃ホントに下手だったな〜。

相当ひどいのによく雇ってくれたなと、
今思うと冷や汗が出てくるよ。
その時、お世話になったのは角皆優人氏だった。

角皆さんは、選手として、後にコーチとしてフリースタイルスキーナショナルチームを経て、
当時日本ではほとんど無いモーグルスクールを開校。
そして今なお、レッスンや、キャンプで絶大な人気を誇るレジェンドなヒトなんだ。

昔から膝と腰が悪いことは聞いていたのだが、
当時の僕にはわかるわけもなく、
大変だな〜と思うくらいで、
自分の練習に明け暮れていた。

かれこれ17年前の事。
そんな尊敬する角皆さんのお役に立てるなんて、
ちょー緊張!
実は、オファーを受けた時からどうしたら良いか色々考えて
いたんだけど、情報が少なすぎて結局、仮説が立てられなかったんだ笑笑(≧∇≦)

今回のオファーは、腰痛がひどくて、ちょっとでも何とかなればと言ったところだった。
僕としては、90度くらい曲げると痛みが出て、
100度でロックしてしまう右膝がボトルネックと睨んでいた。

最近のカラダの状態を聞いてみると、
最近の気になるのは、右肩。
ちょうど平泳ぎで次のストロークに移るあたりでの動きで、肩に痛みがあると。

重量負荷をかけた懸垂のトレーニングで、
最後下ろすときに痛めたようだった。

挨拶代わりにこの肩の痛みは取れてしまった。
ゼロでは無いけどだいぶ動きも痛みも改善できたんだ。

次は、右膝の状態を確認。
フルスクワットで、90度くらいになると軽くメシメシと感覚があって、痛みもあった。
やはり100度程度でロックしてした。

カラダを見ていくと、首の位置が気になり、
そこを変えて同じように動いてもらうと、
好感触!これは新しい感覚だよ!と
喜んでもらえた。

あとは、腰痛に対してアプローチして施術を終えた。
かなり彼方此方痛かったようだけど、
明るい角皆さんは、笑いながら我慢してくれた。

最後は、角皆さんとっても喜んでくれたよ。

「僕は、世界で色々こういう施術受けているから、(受け慣れてる)肥えてると思うけど、その中でも、カンちゃんとっても良かったよ!」

恩師からそう言ってもらえて、思わず目がウルウルしゃった。
すっごくはげみになると同時に、
UNWINDも2周年を迎え、益々気合い入れていかなくてはと改めて感じた瞬間でした。

 

yoyaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る