2年間、鍼に通って変わらなかった首が、たった1回の施術で⁉︎

20141025c

2年間、鍼に通って変わらなかった首が、たった1回の施術で⁉︎

首から肩の痛みと、腰痛でお悩みの女性。
出産後、かなり酷い腰痛だったらしく、
整形外科では腰椎圧迫骨折と診断されたと。

 

 

腰椎圧迫骨折とは、外部からの力によって
胸腰椎の椎体が骨折してしまうことで、
比較的高齢の女性に多いと言われている疾患です。
それは高齢の女性に、骨粗鬆症(骨の中身がすかすかになってしまう病気)
の人が多いためでもあります。

 

mig

 

患者さんは30代女性。
とても腰椎圧迫骨折が起こるとは考えづらいのだが、
そこは追求しないでおこう。

首の動きは、
首を左に向けると左肩と首が痛み
30度位しか動かない。
右には動くが、50度いくかいかないかなので、
どちらにしても動きは良くない。

さらに、上を向いて(伸展して)もらうと、
これ以上向けませ〜ん!って!
20度くらいしかいかない!

チェックしていてもギャグではないかと疑ってしまうほど動かないし、左右差もあった。
ご本人にしてみれば、いたって大真面目にやっていても、
動かないのだから笑えません。(実は二人で笑っていましたが!)

いろいろ伺うと、お子さんが『イヤイヤ期』で
とっても手がかかって大変ということらしい。
だから、かがむことも多く腰も辛くなる。
ママさん達は、日中お子さんといる時にけっこう大変なんだと、
話を聞いて改めて思った。

来店は今回で2回目。
一度目の施術後の変化や状態を聞いてみると、
首は上には向けるようになり、左に向くのがちょっとだけ違和感がある。
前回の施術の翌日から腰が痛かったようだった。

首の動きは良くなってきている。
思った以上に順調だった。
しかし、翌日腰痛が出てしまったということで、
アプローチを変えていかないと患者さんの負担が大きくなってしまう.
今回は少しアレンジを加えた。

この女性の特徴は、
腹部の緊張が異常に強い!
と言う事。

特に左腹部。
僕が、腹部の圧痛を見る時は、
まず腹直筋鞘の筋腱移行部辺りの圧痛点があるかチェックしているんだが、
この女性の患者さんは、おへその横も、
肋骨弓付近も圧痛があって腹部全体に緊張が確認できる。

6f8259a3a4c3567d41e4f709cef288ed

この上腹部の緊張が頭の位置を前に歪ませている原因の一つと考えたんだ。

あとは、右内転筋群の緊張がかなり強い。
でも、大腰筋の緊張が強いのは左のはずなんだけど、
この際、セオリーはあくまでセオリーとして考えた。

つづく・・・

 

神谷恵一ってこんな人

 

予約はコチラから⇓

yoyaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る