肩こり調整法セミナー in 東中野 陽ので接骨院

IMG_6250

上肢、上肢帯の調整法(序)セミナーを東中野 陽ので接骨院で開催しました。

スタッフへの教育が財産と言う院長でもある赤井先生の思いに共感して、開催する事になったセミナー。
スタッフの先生方が日々の治療の中で悩んでいる事、
知りたい事をヒアリングして、頸肩部にフォーカスした内容としたんだ。

陽ので接骨院の先生方とは勉強会でお会いしているので、面識はある。
だけど、私のテクニックをお伝えするのは初めてなんだ。
プロの先生方へのセミナーも3年ぶり。

しかも、こんな状況に限って撮影もあったり、
もぉ〜僕ちゃんブルって逃げ出した〜い!

時間は限られているが、ギュギュッと凝縮して 伝えさせてもらった。
正直、情報量が多かなと思っているが、参加側から見ると気づきや掴めるモノが一つでもあれば上出来。
自分自身でも、立場が逆転していればそんなものだ。

何を軸に人の身体を見ていくか、から始まり、
見立て、テスト、実技へと進んだ。

なかでも、デモでやった足の親指を操作して首の痛みを取ったのは、みんな興味を示してくれた。

今回は、より分かりやすく上肢帯の調整をしたけど、肩や頸の症状でも、全身を見ていくことが大切と考えている。

だから、ココでヒントを言うならば、患者さまを見たときに

【特徴のある場所や肢位を見る】
IMG_6248

多くの場合、ここにはヒントはあると思っている。

今回いくつか伝えた内容で、どれが響くかは人それぞれ。置かれた環境や、知りたい事、知識レベル様々な要因で変わる。
一つでも何か受け取ってもらえると、やった甲斐もあると言うものだ。

IMG_6243

今後も、思いの共感できる先生方のお役に立てるように活動して行きたいと思うんだ。
何だかワクワクしてくる。

さぁ、もっと精進して患者さまにも、先生方にも喜んでもらえるようになりMaaaaaax!(≧∇≦)

 

神谷恵一ってこんな人

 

予約はコチラから⇓

yoyaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る