常に左肩の辛い肩こりが肩を揉まずに楽になった

1006_image

医師も納得の肩こり専門整体

岡山から来られた患者さん 。
出張で月に何度か東京に来られるらしい。
記入シートには肩と腰に印が付いていた。

詳しく聞いていくのが僕のスタイル。
お仕事について伺うと、、、、

「医師です。」
YI1HlCGZ

マ、マジすかーーー!
来ちゃいました。お医者様。
患者さんに何人か医師の先生はいるけど毎回キンチョーするんだよね。

こちらの先生は内科医という事で、いつも左肩の肩こりでお悩みと言う事だった。
ネットで見て、普通の整体ではない(肩を揉まない)から、どんなもんか興味があった。と話してくれた。

辛い箇所をチェックして、姿勢と動作のチェックをしてみると、かなり身体の使い方にクセがあることがわかった。

かなり右へ首が倒れ、上半身が重力線よりもかなり左へシフトしてしまっていることがわかった。
前後のバランスも、骨盤が前傾し、重心は踵重心になっていた。

肩のは外旋し、巻肩になっていた。

猫背1

 
医師の先生方は、人の健康、生命を預かることが仕事だからとても緊張感のある日々を送っているのだと思う。

例によって足から調整を始めたんだが、特に右足首が硬く内反もあった。

足部の調整から始め、骨盤の前傾の調整をして肩の状態を確認してもらうと6割ほど左肩の状況が楽になった。

上肢帯の調整を終えた後では9割楽になり、

「確かに軽いです。」

images-4

「へ〜。」と言った具合。
ここまでの施術では、すべて仰向けで肩は一度も触れていない。

そこで、なぜ楽になったのかを説明した。
ここからは、うつぶせになってもらい調整を進めた。

施術が終わり、色々話をした。
「なぜ肩こりになるのか腑に落ちた。」
と納得してお帰りいただけた。

毎日、多くの患者さんを診ている先生なので、お力になれれば幸いです。

激務に追われ、身体の調子が悪い方のお役に立ちます!!!
一度ご相談下さい。

 

神谷恵一ってこんな人

 

予約はコチラから⇓

yoyaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る