【通常の3倍!?ストレートネックで肩こり改善するの?】

image1

梅雨まっただ中の表参道からこんにちは。

世界の肩こりをなくす!肩こり研究家の神谷恵一です。

前回から引き続き、ストレートネックについて書いていきます。

6f8259a3a4c3567d41e4f709cef288ed
ストレートネックになってしまう原因はどこにあるのでしょう。

原因は他にある!


【通常の3倍!?】

ストレートネックになってしまった首が原因ではなく、原因は他にあるのです!

そもそも、ストレートネックになってしまう原因は頭が前に出てしまい首がまっすぐになってしまうことです。

一般的に、頭が良い状態から4センチ前に出てしまうだけで

通常の3倍の負荷がかかる!のです。

わかりやすく説明すると、体重50kgの人の場合、頭部は約5kgの重さがあるのです。
ボーリングの玉だと、11ポンド位です!

想像してみてください。

頭の上に11ポンドのボーリングの玉をあと「3つ」も乗せている所を!!!!

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

だから、頭が前に出てしまう姿勢は首にも、肩にも負担がかかり、慢性的な肩こりや、首痛、自律神経症状までも引き起こしてしまうのです!


【良い姿勢というのは姿勢なのか?】
では、具体的に良い姿勢というのは姿勢なのかというと…
ズバリ!『解剖学的肢位』(かいぼうがくてきしい)です。

と、突然言われてもわからないですよね。
もう少しわかりやすく説明します。

解剖学的肢位とは簡単に言うと「骨格で支えられる姿勢。」です。
横から見た時に、耳の穴、肩峰(肩の一番出っ張ったところ)、大転子(股関節で一番出っ張ったところ)、内果全面(内くるぶし)が重力線上に並んでいる状態を指します。
私はこれを、わかりやすく

【ゴールデンライン】

と呼んででいます。
image1
私達は地球に住んでいますね。地球のどこにいても人は重力から逃れられないです。

この『ゴールデンライン』(解剖学的肢位)からずれているとコリや痛みをおこしやすいのです。

ストレートネックの方の多くは首が前に出てしまっていまっていることが多く、さらに骨盤も前傾がきつくなり、反り腰になっている方もいらっしゃいます。
反対に、骨盤が後傾して背中が丸くなっている「C型猫背」なんかもあります。

 

1-3

つまり、原因は他にある!
ストレートネックになってしまった首が原因ではないのです。

だから、首を揉んでも、その時だけ。
肩を揉んでも、気持ちいいだけ。で終わってしまい改善に近づきもしないのです。

もし、改善を目指すのであれば、

身体の歪みを整えて、頭の位置が体幹の上にちょうど乗るようにしていきたいですね。


【大好評メルマガ会員特典】
肩こり専門整体UNWINDのメインメニューを会員限定価格でご案内!

肩こり専門整体90分¥29,140 → ¥13,600!!
姿勢チェック、改善するためのアドバイス付き

予約時に、メルマガを見ましたとお伝え下さい。
Net予約の時はコメントを残して下さいね。
7月19日までの期間限定価格となります。
この機会に、一度お試しくださいね。

yoyaku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る