股関節からおしりにかけての痛み

11039872_644970195602562_2399637484912339671_n

先週、パーソナルトレーナーについてもらいトレーニングをしてから股関節からおしりにかけて痛みが出ているという女性の患者様Sさん。
立ってたり、歩いたりすると何となく痛いらしい。

ワークアウトって、正しいフォームでやらないと思わぬところに負担がかかったり、故障や不調につながってしまうから、気をつけたいところだ。

どんなトレーニングをしたか聞いてみると、

どうやらスクワット時のスタンスで、「足を開いて!」と指導されたらしい。

11039872_644970195602562_2399637484912339671_n

 

その時と同じようにフォームを取ってもらうと、やはり!

このSさんは、股関節がとても固く大腿部(太もも)は内旋気味。つまり、まっすぐ立っても、膝が、やや内側を向いているのだ。それでいて、下腿はやや外旋している。
どういうことかと言うと、膝とつま先の向きは、ニュートラルだとほぼ同じ方向を向いているのだが、Sさんは膝は内向き、つま先は外向きになっているのがニュートラルなのだ。

この状態で、「足を開いて」行くと当然、つま先は、かなり外を向くが、膝はやっと正面向くくらいになる。

痛い方の内転筋(内もも)をリリースすると、あっという間に痛みは取れた。
元々、結構な左右差のある方なので全身の調整、足のアーチ、仕上げは咬筋をリリースして終了〜。

それにしても、私ならば他のメニューを組むけど…。などと思いながらパーソナルトレーナーの方は、ぜひクライアントの特性をよく見てあげてほいしなぁと思いました まる←最後は小学生の作文風になっちゃった笑!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る