肩こり:バランス が崩れて「肩こり」になってしまう!?

A5D0A5E9A5F3A5B9

南青山からこんにちは!

肩こり研究家 神谷恵一です。
お盆真っ盛りですが、絶賛営業中です。
あるバランスが崩れていると
筋肉疲労して、
こりやハリになってしまうのです。
 A5D0A5E9A5F3A5B9
あるバランスとは…


簡単に言ってしまえは、
前後、左右、上下などの
バランスになります。
例えば前回、
曲げた肘を伸ばすのはどの筋肉か。
と質問しました。
わかりましたか?
肘を伸ばす時に使うのは
上腕三頭筋
なんです。
 jouwan-r-2
???
それってどこ?と思われる方もいいると思いますので説明すると、いわゆる
振り袖
と言われる部分なんですよ。
つまり、反対の働きをしている筋肉が
ほぼ真裏になるのです。
縮みやすい筋肉と伸ばされる筋肉

人は、視界が前に広いので、
前方向の筋肉はよく使います。
反対に、背中側の筋肉は
何気なく使うことはあっても
意識して使わなければ
あまり使われない事が多いです。
よく使う筋肉は、縮みやすく、
 反対の筋肉は、伸ばされやすいと言う事。
大体肩こってまーす!という方のほとんどは
肩の上の辺りから、やや後ろにかけてがつらいという方がほとんどじゃないですか?
つまり、前側の筋肉が縮みやすく、
背中側の筋肉が引っ張られている状態ですよね。
つまり、このバランスを整えることが肩こり改善の鍵になるのです。
もっと詳しく知りたい方はコメント下さいね。
肩こりでお悩みの方はご相談下さいね。
 yoyaku
 IMG_4247
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る