足を反らすと痛い!:強剛母指の女性

00000082_eye_catch

 

表参道からこんばんは!
肩こり研究家 神谷恵一です。
強剛母指って知ってますか?
日本整形外科学会では、
手の強剛母指について書かれています。
生まれつき、手の親指が曲がったままの状態
 関節が腫れてしまうこともある症状です。
今日の患者様は、足の強剛母指
足の変形などで外反母趾はよく耳にしますが、
強剛母指も足のトラブルの一つなんだ。
正直、実際の患者様は初めて見たんだ。
その方は、すこし外反母趾の変形もあり
Wパンチと言った具合。
12kyougoubosi01
症状は、足の親指の付け根(第一中足趾節関節)が痛く、
関節の反る動きが制限されてしまうこともあるようです。
原因は、骨に棘(トゲ)ができてしまい、
そのトゲが邪魔をして反る動きで痛みが出てしまう。
関節の隙間も狭くなり、
動かなくなってしまうこともある。
関節、骨の変形に対して何が出来るのか。

外反母趾もそうだが、こういった変形については
すぐに治す事はできないし、
それを戻すことはとても困難だ。
しかし、私達、手技療法家ができる事はなんだろう。
体を整え、痛みを緩和したり
動きを良くすることは出来るのではないか・・・。
もちろん、「骨や変形は治せないしどこまで出来るかわからない。」
という事を患者様に伝えて姿勢や動作チェックした。
すると、骨盤の傾きや、左右のバンスの悪さ、
巻き肩など、多くのズレがわかってきた。
いつも基本にしている解剖学的肢位に近づけることに注力した。
image1
すると、
足の痛みからかばっていた股関節の違和感がなくなり、
足の指の痛みも緩和されていった。
これには患者様も私も一緒に驚いた
もちろん、変形してできてしまった棘(トゲ)はなくなりはしない、
しかし、解剖学的肢位に近づけることで
痛みが緩和できた事に可能性を感じた瞬間だった。
もちろん、できないことはできないと伝えることも大切だが、
どんなに難しい症状でも、
自分に出来きることは何か?を考え、
トライすることも重要なのではないかと思った瞬間だった。
yoyaku
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る